2018年01月16日

一本の電話

今月10日に降った雪の影響で、MIOROS周辺道路は昨日までタイヤチェーン規制が5日間も続いた。
これは記録的な長さであり、店はずっと開店休業状態に追い込まれた。

昨日来られたお客様から「全く道路に雪なんか残ってないのに、どうしてチェーン規制しているの?」と聞かれたが、私がチェーン規制をしている訳でもないので何も答えられない。

「六甲山の上は、もっと雪は凄いのに早々にチェーン規制は解除しているよ。人工スキー場に客を呼ばないといけないから必死だね。それに比べるとマスターの店は気の毒だね」
初めてのお客様に、余りにも暇なので同情されてしまった。

今年の冬は世界的な寒波到来。
世界のあちこちで私のように孤立している人も多いだろう。

多少ふてくされ気味になっていた夕方、携帯が鳴った。
久しぶりの本業の仕事の依頼であった。
有難かった・・・また皆さんとお喋りをして仕事ができる。
すっかり戦力外だと思い込んでいた自分が情けなくなった。

当たり前のことだが、やる気満々で精力的な人達に囲まれていたいものだ。

夏には蜂や蛾と戦い、秋には南の空に向かう渡り鳥を見送る。
皆生きている力を感じた。
紅葉が終わると山は静かになる。
周辺道路は凍結しているが、それ以上に私の心が凍結してしまう。
そんな時の一本の電話は、私に春の到来便りでもあった。
posted by hagiwarayoshiki at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

ピン芸人、今昔

ピン芸人と呼ばれる人が、この10年余りで急増した。
派手な瞬間芸で注目を集める人気者も多いが、私が注目したいのは「松本クラブ」だ。
彼の人間観察力は凄いと思う。

私もピン芸人時代が二度あった。
「ダッシュとんぺー」「団五郎」と二度芸名を変えて。
でも今思えば恥ずかしいような質の低いネタばかりやっていた。

私と同じ年で「すわしんじ」さんがいる。
ドリフの付き人が長く、ドリフの番組に出演されることが多かったのだが、ピン芸人としての力も凄い。
テレビでは放送できないブラックネタが多かったが。

その昔、私は「早野凡平」さんに憧れすら感じていた。
帽子のネタばかり有名だが、私が好きになったのは「魔法のじゅうたん」ネタ。

魔法のじゅうたんに乗って空を飛んでいる凡平さん。
大地震が日本列島を襲い、魔法のじゅうたんで空に逃げることができたという設定である。
魔法のじゅうたんには様々な生活必需品が積み込まれてある。
それを順に説明して行く訳だが、最後にトランジスターラジオにスイッチを入れる。
「先ほどの地震の被害状況を申し上げます」とニュースが聴こえる。
「東京都内は特に被害はなかったのですが、行方不明者が一名」
これがオチ。
posted by hagiwarayoshiki at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

タイヤチェーン

今朝起きると予想通り、MIOROSの東六甲展望台まではチェーン規制になっていた。
「やめよかなぁ」
そんな気にもなったが、取りあえずは店を開けることにした。
チェーン規制なので、途中の道でタイヤチェーンを装着することに。
だが寒い!手がかじかんでいうことをきかない。
右手の指が余りにもの寒さに、間接がおかしくなって変な方向に曲がったまま戻らなくなった。
芦有ドライブウェイの事務所に立ち寄り、暖をとらせてもらった。
ありがたかった。

こんなにまでして店を開ける意味があるのだろうか・・・。
開店準備をしながら思う。
勿論、車は一台も来ない状態。
その時、店の電話が鳴った。
「今日、お店やっていらっしゃいますか?」と。

暫くして、その電話の方である常連のお客様がご来店された。
「良かった!こんな日だからお店を閉めていらっしゃるかと思っていましたのよ。閉店されていたらどうしようかと思っていましたの」と。

その常連のお客様と会話が弾んだ。
互いに「救いの神」であるからして。

今年の冬はかなり厳しそうだが、収益は別として「人とのつながり」を大切にしなければ・・・と、肝に銘じた次第です。

posted by hagiwarayoshiki at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする