2017年07月02日

入道雲

今日、悪天候の予想は外れて、起きて窓を開けると晴天だった。
「これは忙しくなるわ」
そう思い、六甲山に向かうが次第に曇りとなり、奥池を過ぎた辺りから濃い霧が支配していた。
東六甲展望台に到着すると濃い霧の上、風が凄かった。
霧と風が混じれば、横殴りの霧となる。
まるで雲の中にいる状態だ。

昼過ぎになって、ようやく霧が消えて晴れ間が訪れた。
東六甲展望台は面白い場所である。
晴れると急に車が増えてくる。
おまけに虫たちもやってくる。

空を見上げていたら、入道雲が出ていた。
「?・・・梅雨明けの前兆なの?」と思った。
一年ぶりに見た入道雲である。

果たして、入道雲の出現で早くも梅雨明けとなるのか・・・。
でも、早すぎる。
ひよっとしておっちょこちょいの入道雲が単にフライングをしていたのかもしれない。

posted by hagiwarayoshiki at 01:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

お詫び

今朝、目が覚めるとあいにくの雨。
天気予報を見ると、一日中雨天とのこと。
「くるなら来てみろ!ウィーク」で連日MIOROSは営業するつもりでしたが、臨時休業することにしました。

ところが午後になって、晴れる!晴れる!
話が違うじゃないか!
今更店を開ける訳にもいかず、天気予報を信用した自分に後悔した。

そういう訳なので、「くるなら来てみろ!ウィーク」にもし来てくださった方がいらっしゃったら、お詫びいたします。

それにしても、雲のはるか上に衛星を飛ばしている時代なのに、何故雲の動きが読めないのだろうか。
鳥たちと会話ができたら、奴らを信用するのに。


posted by hagiwarayoshiki at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

阪神淡路大震災 阪神淡路大震災

MIOROSに来てくださる常連のお客様の中に、神戸須磨のご住職の方がいらっしゃる。
今日、「震災の時は大変だったでしょう?」とお聞きすると、こんな話をしてくださった。

「炎が、どんどん私の寺の方に移ってきましてね、嗚呼、私の寺も燃えてしまうんだ・・・そう思って大急ぎで檀家さんの位牌と、阿弥陀如来像を車に積み込んで逃げたのです」
思えば、普通の家と違って「お寺さん」はそんな非常時には大変である。

「数日後、戻ってみると私の寺の30メートル程寸前のところで火は消えていました」と。

でも、それからが大変だったようです。
近くのお寺も焼失したところが多く、僧侶もいない状態。
そこにきて葬儀場は死体の山。
火葬場もガスがないので操業停止。

そんな中、毛布にくるまれた遺体に次々と冥福を祈られたそうです。

色んな知識も豊富で、私自身教えられることがいっぱいの方。

有難いお客様です。


posted by hagiwarayoshiki at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする