2018年01月10日

超大物との遭遇裏話「矢沢永吉」編

お約束していた「超大物との遭遇裏話」第二弾です。

大物、ビッグ・・・といえば、やはり矢沢永吉さん。
かれこれ40年以上もの昔ばなしですが。

矢沢永吉さんは「キャロル」というロックグループでデビューされたことは勿論ご存じでしょう。
そのデビュー当時のお話です。

「ルイジアンナ」「ファンキーモンキーベイビー」で一躍脚光を浴びたキャロル。
どういう訳か、そのキャロルのマネージャーと親しくなって、キャロルの司会を任せられることになったのです。
日本テレビが主催していたロックコンサートで、オムニバス形式のロックコンサート。
大阪から出てきて間もない元漫才師の私がロックコンサートの司会を。それもキャロルの司会なんてできるのかドキドキでした。

私が楽屋入りして間もなく、キャロルのメンバーも楽屋入りしてきました。
その風貌に私はビックリ!
ステージではリーゼントばりばりの彼等でしたが、アイビースタイルのメンバーもいれば、トレンチコート姿のメンバーも。
「演出なんだなぁ」
そう感じました。
キャロルの事務所は社長もマネージャーも「所詮、芸能界は演出が全て」という怪物。
社長は、あの「タイガース」を作った方であり、マネージャーは後に「フィンガー5」の社長になった人物です。

本番5分前の声を聞くと、彼等は化粧前でリーゼントに仕上げます。

そして、いよいよ本番。
まず司会の私がステージに立つと、満員の客席は「ギャー!」と大騒ぎ状態。
キャロルの登場を待たずして、場内は大歓声の渦。
私が一言喋ろうにも自分の声さえ聞こえない状態でした。
「無駄な喋りはやめて、早速キャロルを紹介して、この場から消えよう」
そう判断した私は、とりあえずキャロルを紹介して、ステージから去ることに。

ところが、この後とんでもない出来事が起こったのです。

長くなるので、続きは明日にまた。

今日のMIOROSは寒すぎて、暇すぎて逆に疲れましたので・・・。
失礼。
posted by hagiwarayoshiki at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

記録的

今年の冬は記録的な寒さ。
世界的な寒波到来なので仕方ない。

それに比例して、MIOROSも記録的な寒さ。
気温だけではない。
今日から三連休だというのに全く展望台に人が来ない。
ただただ北風が吹いているだけ。
週末の最低売上記録を更新してしまった。
店にいると裏の道路を走る車の音が聞こえてくるのだが、今日は殆ど聞こえなかった。
常連のお客様が来てくださったことが微かな救いであった。

店が暇なのは、店主のせいである。
自己嫌悪に陥る。
廃れた場所で、廃れた人生の終末を迎えるしかないのか・・・。

でも反面良いこともある。
連日店に出ていると、インフルエンザにかからない。
だって人が来ないので、移されようがないから。

posted by hagiwarayoshiki at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

雪合戦

今朝起きたら、まさかの雪。
芦有ドライブウェイも全線チェーン規制になっていた。
今日雪が降るなんて想定外のこと。
店を開けるかどうか迷ったが、正月三が日なので開けることにした。
東六甲展望台に到着すると、親子ずれが何組も雪合戦をしていた。
子供は楽しいし、親の方も童心に戻って遊んでおられる。
おかげでMIOROSの周囲は雪合戦で飛び散った雪だらけで後始末に追われたが。

東六甲展望台に連日いると不思議な気分になる。
元旦にはご来光があり、昨日はスーパームーン。
そして今日は予想外の雪。
お空も忙しい。

眼下を見下ろせば、いつもと変わらない大阪平野。
人間社会でいろいろあっても、やはりお空にはかなわないと思ってしまう。

展望台の楽しみ方・・・それは眼下の景色も良いけれど、不思議な雲が大空を支配したり、雲海や雲の流れを観察する方がずっと面白いものだと改めて思う。
posted by hagiwarayoshiki at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする