2017年04月21日

業務スーパー

MIOROSには、わざわざ六甲山の上まで配達してくださる食品メーカーやら業者さんがいる。
有難い話である。

店を始める時、様々な業者さんに打診してみた。
中には「そんな山の上まで食材を運べませんよ。まして有料道路でしょう」と、ケンモホロロにあしらわれた業者さんもいた。
ぶっちゃけ「TOHO」という関西では大手の食品会社だ。
「芦屋の自宅に大きな冷凍庫でも置いてもらったら配達しますよ」
そんな無茶なことを平然でぬかしやがった。

食材はほぼ山まで配達してもらっている業者さんで間に合っているが、細かいもの。つまり「テイクアウト用の器」とか「割り箸」「おしぼり」などは、近くの業務スーパーで買い込むことにしている。

明日も開店前に、その業務スーパーまで買い出しに行かねばならない。
が、複雑な心境になる。
何故なら、その業務スーパーは「TOHO」が経営しているからだ。

私が嫌な思いをしたのは、そこの営業マン一人のことだが、やはり嫌な気分になるのは仕方がない。
でも他に選択肢がないので仕様がない。

まるで日本の政界のようだ。
むかついても、他に選びようもない実情なのだから・・・。

posted by hagiwarayoshiki at 01:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

雨の中のお助け茶屋

今日はあいにくの雨。
MIOROSをオープンさせるも、当然の如く東六甲展望台に来る人などいる筈もない。
ランチタイムを終えると早々に閉店しようかと思っていたら、ずぶ濡れになりながら中国人のご家族が来られた。
どうやら食事をされたい様子なので、写真入りのメニューをお出しする。
ご家族全員日本語がダメらしいので、こんな時には写真メニューが役に立つ。

「ボロネーゼ」「鍋焼きうどん」「エビピラフ」を注文され、コーヒーも注文された。
コーヒーは食後が良いのか、それともすぐにほしいのか。
接客する私は英語でお聞きしようとした。
が、なんと言って良いのかわからない。
(こんな簡単な英会話すらできない自分が情けなくなったが)
「ドリンク、アフター?」とお聞きすると、娘さんが、
「ツゲザァー」と。

その中国人家族がどういう状況でMIOROSに来られたのか知りたかったが、この程度のやりとりでは到底無理なこと。

笑顔で帰られたその中国人家族を見送り、早々と閉店しようとしていたら、また「何か食べられるもの、ありますか?」と、ずぶ濡れになったお客様が。

雨の日のMIOROSは「お助け茶屋」に変貌する。
posted by hagiwarayoshiki at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

まるで千本ノック まるで千本ノック

今日は昨日に比べて気温も上昇して、昨日までの閑散とした東六甲展望台がウソのように活気で溢れた。
朝10時から「ソフトアイスください」というお客様が次々と。
お陰で久しぶりにソフトアイス百個売りを達成した。

「バニラください」「抹茶アイスを」と、次々と来られるお客様に対してアイスマシーンでソフトアイスを作っては手渡すことの繰り返し。
忙しい最中にふと思った。
「これって野球で千本ノックを受けているのと似ている状況なのかも」と。

お客様の注文を聞くと厨房奥の冷凍庫に走り、マシーンでアイスを作ることの繰り返し。
これって「お百度参りに近いのかも」と、また思ったりした。

まぁ、千本ノックでもお百度参りでも良いが、違うことは全てお客様の「美味しい!」という笑顔が繰り返されることである。

帰宅すると腰が「マイッタ」と言っていた。
でも沢山の笑顔を拝められたことは幸せな一日だったといえよう。
感謝。
posted by hagiwarayoshiki at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする