2019年07月28日

私が吉本を去った理由

今日は半年ぶりの休みとなった。
連日朝6時に起きて仕事に行ってたので、休みになっても朝早く目が覚めてしまった。
テレビをつけると、まだ「吉本問題」をやっていた。
「もういいよ」と思う。
視聴率は稼げるだろうが、騒いだところで何の進展もなく、それよりももっと大きなニュースがぶっ飛んでしまっている。

「往生際が悪い!」
これは吉本会社側にも、芸人側にも言える。
全てが「自分の立場を守ろう」としている、本来なら破天荒であるべきなのに情けない姿である。

私は19歳で「花月」の舞台に立ち、デビュー間もなくスケジュールがびっしりと埋まった。
朝から夜まで、連日舞台とテレビの仕事に追われた。
そんなある日、ふとこんなことを思った。
「今ある仕事は、吉本が取ってきた仕事であり、決して自分達の実力ではない」と。
このまま30歳になって、吉本頼りに生きているなんてまっぴらゴメンだなぁ。
芸人としてダメだと判断できたら一般社会人としてやり直せば良いと思った。

ゆえに・・・私はお世話になった多くの方に多大なる迷惑をかけて上京した。
「自分自身の芸人としての力がどれだけあるのか」を試す為であった。

連日のテレビを見ていて、誰が吉本を辞めるだのと騒いでるが、全て世間には全く関係のないこと。
バックボーンを気にしている奴なんて、所詮芸人ではないと思う訳です。
posted by hagiwarayoshiki at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: