2017年08月30日

アンソン

数日前NHKのドキュメントで、映画「パッチギ」の中で在日の番長だった「アンソン」という人物を取り上げていた。
そのモデルになった人物は役名も同じ「アンソン」
私と同じ年であった。

違うのは、映画では舞台は京都だが、本物のアンソンが暴れていたのは大阪ミナミ。

「パッチギ」はまさにその時代を象徴する作品であり、同時代に生きてきた私にとっては「あるある」が満載の名作だと思う。

今、北朝鮮とこの国は危険な状態になりつつある。
トランプと北はどうしようもない現状。
被害を受け始めている日本こそが姿勢を正して向かうべき時である。






posted by hagiwarayoshiki at 00:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: