2017年05月18日

格差社会の縮図

MIOROSというか、東六甲展望台には車でないと来ることができない。
バスで来られる方も、まれにいらっしゃるが殆どが車である。

MIOROSをオープンさせて、間もなく2年になるが、この2年間で訪れる車もすっかり変貌した。
元来、東六甲展望台はカーマニアが集まる場所なので、見たこともないような高級車は連日やってくる。
先日、ピカピカのランボルギーニのお客様が来られたので、
「新車ですか?」とお聞きしたところ、
「うん。今日納車」と。
「高いのでしょう?」と、お世辞を交えて聞くと、
「5800」と。
5800円では勿論ない。5800万円だ。「万」を外しやがった。

かと思えば、最近やたらと軽自動車の方が増えた。
以前は普通車も多かったのに、最近は高級車か軽自動車に二分されている。
これは今の日本の縮図なのだろう。
一部の人だけにお金が集まる仕組みになってしまったから。

狂った世の中になったものだと思うが、狂っているのは富裕層の方かもしれない。
軽自動車にファミリーが乗り込んで、ニコニコしながら「六甲山ドライブ」を楽しんでおられる姿は、こちらも笑顔になってしまう。

MIOROS的に言えば、売上協力をしていただいているのは、富裕層ではなく軽自動車の方である。
ありがとうございます。
posted by hagiwarayoshiki at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: