2017年04月18日

雨の中のお助け茶屋

今日はあいにくの雨。
MIOROSをオープンさせるも、当然の如く東六甲展望台に来る人などいる筈もない。
ランチタイムを終えると早々に閉店しようかと思っていたら、ずぶ濡れになりながら中国人のご家族が来られた。
どうやら食事をされたい様子なので、写真入りのメニューをお出しする。
ご家族全員日本語がダメらしいので、こんな時には写真メニューが役に立つ。

「ボロネーゼ」「鍋焼きうどん」「エビピラフ」を注文され、コーヒーも注文された。
コーヒーは食後が良いのか、それともすぐにほしいのか。
接客する私は英語でお聞きしようとした。
が、なんと言って良いのかわからない。
(こんな簡単な英会話すらできない自分が情けなくなったが)
「ドリンク、アフター?」とお聞きすると、娘さんが、
「ツゲザァー」と。

その中国人家族がどういう状況でMIOROSに来られたのか知りたかったが、この程度のやりとりでは到底無理なこと。

笑顔で帰られたその中国人家族を見送り、早々と閉店しようとしていたら、また「何か食べられるもの、ありますか?」と、ずぶ濡れになったお客様が。

雨の日のMIOROSは「お助け茶屋」に変貌する。
posted by hagiwarayoshiki at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: