2017年03月29日

須磨海岸の不審者

今日MIOROSを3時に閉店して、須磨に向かった。
須磨海浜水族園に野暮用があったのだが、早く着いたので久しぶりに浜に出てみた。
夏には賑わう浜辺も人影はまばら。
鞄から文庫本を取り出し、海を前に至福のひとときをすごす。
海が大好きな私にとっては最高に幸せな時間である。

その後、須磨水族園の人にそのことを話すると「パトロールの警官から声をかけられませんでしたか?」と。
この時期、オッサンが浜辺に一人でいるとパトロールの警官から職務質問をされたりするらしい。

確かに警官から声はかけられなかったが、犬の散歩をしている人達が怪訝な視線を私に送っていたのは感じた。
何か、以前に「浜辺不審者オッサン事件」でもあったのだろうか。
信じられない。
海は自分の心を洗ってくれるような気がする。

その証拠に、須磨水族園の人達はみんな礼儀正しく純粋な眼でご挨拶をしてくれる。
こんな時代の中で、実に清々しい人達だ。

イルカやら魚の気持ちを思って生きている若者たちに今日は出会えて嬉しかった。




posted by hagiwarayoshiki at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: