2016年08月28日

ねずみとり

スピード違反の車を取り締まるのに「ねずみとり」というやり方がある。
誰もが知っていて、頻繁に行われる場所も地元の人なら知っている。

この「ねずみとり」がこの夏、芦有ドライブウェイで頻繁に行われている。
芦有ドライブウェイは殆どが山道のカーブであり、奥池の住宅街に入ると初めて長い直線道路となり、誰もが知らず知らずのうちにスピードを出してしまう。
そこを「ねずみとり」が待ち受けているのだ。
当然、次々とスピード違反で切符を切られてしまう。

私自身この道路を30年近く走ってきたが、ここで「ねずみとり」を見たのは初めてである。
というのも、芦有ドライブウェイは公道ではなく、私道の有料道路であるからして「こんな所でスピード違反なんかやっていない」と皆安心してスピードを出してしまうのである。

交通安全は確かに大切なことだが、東六甲展望台にあるMIOROSにとっては厄介なことなのかもしれない。
わざわざ高い有料道路代金を払ってのびのびと車を走らせられる・・・と思いきやスピード違反で捕まる。
「こんな道路!二度と通ってやるかい!」
私なら、そう思ってこの道路を通行するのは辞めてしまうだろう。

ここのところ、めっきり東六甲展望台に訪れる車が減ってしまった。
今日なんか土曜日でまだ夏休み。去年ならお昼時に10台以上いた筈の車が数台になっていた。

「ねずみとり」が直接の原因とは思わないが、一因であることは確かだろう。
こんなことを繰り返さえたら営業妨害に等しい。

東六甲展望台を盛り上げ、MIOROSをさらに発展させる意気込みでいたが、嫌気がさしてきた。
不可抗力の邪魔が多すぎる!


posted by hagiwarayoshiki at 01:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: