2016年08月27日

愚かな弱肉強食の時代

東松山で起こった少年の殺害事件に関して。
不良仲間のいざこざだと単に思っていた。

昔だと、不良仲間の番長争いで対決をして、それまでのさばっていた番長がギャフンとやられて番長交代などがあった。
そんなことかと思いきや今の時代は違うようである。
仲間の弱い者が一人徹底的にやられるだけで、結局は殺人にまで至ったようである。

腐りきっている。
そんな若者を生んでいるのも、今の日本の現実である。

「長いものには巻かれろ」というのが、政治家を筆頭にして、このような不良仲間まで浸透している。

「はまる」とか「いじられる」行為が良しとされているおバカな時代になってしまった。

世界的な視野に立つと、テロ行為そのものは決して間違ってはいないことだと思う。
posted by hagiwarayoshiki at 01:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: