2016年04月30日

無神経な奴ら

最近、実に無神経な人物との出逢いが多すぎる。
普段ならばそう感じることもないかも知れないが、ここのところの疲れからか実に腹の立つことが多い。

まず電話で人生の岐路に関して大切な話をした後に出会った人物。
会えば当然何かしら話があると思いきや、会話はナシ。
電話だけで、ことが全て解消したと思っておられるのか。
呆れた。

その他、数えればきりがない程、呆れる人物ばかり関わりになってしまったのが不思議で堪らない。
でも、災いという奴は他人のせいにばかりしてはいけない。
きっと自分自身から何か災いの源を発信しているのだろうと反省もした。

具体例は避けたいところだが、Jコムさんだけにはひとこと言いたい。
オペレーターの対応が悪すぎる!
急ぎの用で電話をしたところ、「担当者は今電話中なので改めてこちらからお電話させていただきます」というから、「すぐに電話いただけますか」と言えば、「今日か明日には電話させていただきます」ときた。
夕方で営業時間終了間際ならまだしも、時刻は午前中である。「今日か明日(?)」
一日中折り返し電話すらできない会社なのだろうか。

企業は今やたら合併をして大手企業に吸収されている時代。
トップダウン型のマニュアル化によって、個人の判断で何もできないのが実態なのかもしれない。
それじゃロボットである。
いや、ロボットならば諦めもつく。
相手が人間なので人間らしい対応をしてもらいたいのに、あくまでロボット人間でしかなくなってしまっているのだ。

恐ろしい時代になったものだと思う。
百年先には人間なんていらない時代が到来するかも。
人間豊かになる為には右脳の発達が必要だと思う。
しかし今の教育は左脳ばかりを競わせてしまっていて、その左脳そのものはコンピュータの方が上回る時代となりつつある。

つまり人間がいらなくなる時代を、人間の手で作ってしまっているのだと思う。

無神経な人間達。
まずは、そのいらない先駆者なのだろう。
posted by hagiwarayoshiki at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: