2019年08月02日

背比べ

♪柱の傷は・・・でしられる「背比べ」
子供の頃、毎年誕生日になると、父が私を決まった柱の前に立たせては、一年で伸びた身長を柱に傷をつけて喜んでいたものだった。
子供の一年の成長は、親にとっては何よりもの楽しみだ。

今日、恥かしながら私は67歳の誕生日を迎えてしまった。
もはや本当に気恥ずかしいでしかない。
若い頃は誕生日を迎える度に「この一年で自分がどれだけ成長したのか」とか「来年の今頃はきっと・・・」等と意気込んでいたものだった。
それが今となっては「また年をとるのか。嫌になっちゃうなぁ」とまで思う日になってしまった。

でも多くの同年配の友がすでにこの世から去ってしまっている。
だから・・・。
この年の誕生日を迎えることができたことに感謝しなければならないと思う訳です。

posted by hagiwarayoshiki at 21:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする