2019年05月26日

チゴイネルワイゼン

暑い!
メッチヤ暑いので、今日の仕事は午前中のみにして、午後から家にいた。
日頃、余り時間に余裕がないので、今日くらいは映画でも観ようかと。勿論ネットだが。

「真木栗ノ穴」という妙なタイトルを見つけたので観ることに。

内容は、そこそこ引き込まれる出来で最後まで観ることができた。
でも、ラストに近くなるや、昔観たことのある映画にそっくりなことに気がついた。
それは、鈴木清順監督の名作「チゴイネルワイゼン」

「生」と「死」の狭間に「切通し」が登場するのは「チゴイネルワイゼン」そのままである。

「パクリなのか?」
とも思ったが、昔の名作を模倣するなら良いと思った。

何しろ「今どきのダサク」は、「奇をてらえば良い」とばかりに安易なモノが多すぎる。

まぁ私にとっては、つかの間の休み時間。
そこそこ楽しめたから良かったですけどね。

それにしても暑い。
昨年までの夏は六甲山の涼しい場所にいたのだから、久しぶりの下界の猛暑だ。


posted by hagiwarayoshiki at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

仙人

私が勤めている職場に仙人のような方がいらっしゃる。
とてもお元気な75歳で、神戸の自宅から大阪までママチャリでよく出かけられるらしい。
「いったい何時間かかるのですか?」と聞くと、
「2時間もあったら着きまっせ」と。

その方の趣味は川釣りと山登りらしい。
週末になると、テントを車に積んで奈良や和歌山の山中に行かれる。

「萩原はん、これ見とくんなはれ。三泊四日でこれだけのアマゴとイワナが釣れましてん」
携帯の写メには何十匹ものアマゴやイワナが。
大峰山辺りがよく行かれるポイントらしいが、たった一人で山深い場所で何日も過ごされるのが快適だとか。
「よろしいでぇ、誰もいてへん山奥で一人でいるのは」
満面の笑顔でそうおっしゃる。

「でも昼間は釣りに夢中でよろしいけど、夜になったら退屈しませんか?」
そうお聞きすると、
「釣った魚は保存用に焼きますのや。薪をくべてね。その火をじっと見ているだけで飽きませんのや。火を見てるとホンマに飽きませんで」
まさに仙人だ。
普通の人なら、そんな山中に一人いるだけで孤独と得体の知れない恐怖感に悩まされる筈。
「寂しく感じることはないですか?」と聞けば、
「シカの声が聞こえまんがな」と。
夜の山中に聞こえるシカの鳴き声は不気味で、普通の人なら怯えて当然なのだが。

仙人は75歳でも働ける喜びを感じていらっしゃるのか、職場では常に笑顔のお方。
エサのミミズは自宅でミミズを飼育していらっしゃるというから、その徹底ぶりには頭が下がる。

それにしても山中でずっと火を見続けているって、どんな心境なのだろうか・・・。

「火は人間が他の動物を支配する最大の武器であった」
動物の戦いは「歯」である。弱者を嚙み殺す。
その「歯」を上回った武器が「火」であった。
その結果、人類はのさばるも、歯は弱くなってしまったらしい。

たくましい仙人に比べて私はというと、歯槽膿漏に悩まされている毎日だ。
嗚呼、情けない。






posted by hagiwarayoshiki at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

ライブのご案内

先日から、「生で観た芸人さん」のお話をしていましたが、やっぱり「お笑い」も「音楽」も生が一番!
そこで、皆さんにライブのお知らせを致します。

萩原大介のワンマンライブツアー、ファイナルが大阪京橋であります。

2019/5/24(金)大阪・京橋Arc
「萩原大介ワンマンライブツアー2019ファイナル
〜お客さん100人呼びます大阪単独公演〜」
出演
萩原大介
サポートメンバー:waka*(PIANO)
■OPEN 18:30 ■START 19:30
■前売り¥3,000+1drink
■当日¥3,500+1drink

ご予約はこちらまで

https://hagiwaradaisuke.amebaownd.com

良ければ・・・いや、是非とも興味がある方はどうぞ!
posted by hagiwarayoshiki at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする