2018年10月25日

スカスカ

今月から大幅に値上げをしたタバコ。
喫煙者は世間から冷たい扱いをされている弱者なのに、まさに弱者いじめだ。
国家の予算上、そのような弱者から税金を取ろうとする。
まぁ、仕方ないといえばそれまでだが、許せないのがスカスカにされたこと。

どういうことかと説明すると、タバコの値上がりの寸前から今もそうだが、一本のタバコの葉っぱの量がかなり減ったのである。
これまで普通に吸っていたタバコが、ここにきてスカスカになり、油断して吸っていると火のついた灰が丸ごとポロリと落ちたりしてしまう。
先日、私も危うくズボンを焦がしそうになった。
吸う前に毎回「コンコン」と、逆さにして葉っぱを詰めなければ安心して吸えなくなってしまった。
せこい話だが、やはりムカつく。

愛煙家の方は「成程」と思っていただいたと思うが、「値上げ」と「スカスカ」の両方で実質かなりの値上げになる。

ムカつくけど、私はタバコをやめない。
「やめられない」のではなく「やめよう」と思わない。
何故なら私ははみ出し者の弱者を貫きたいからである。

昔はそんなはみ出し弱者を「アウトロー」と呼んでかっこ良かったのになぁ。

アウトローで思い出したが、今朝の通勤電車でこんな風景に出くわした。
私が連日乗っているのは、朝7時過ぎの通勤電車。
早いお勤めの方や学生で途中からは満員電車になる。
今朝、私の隣に絵に描いたような「昭和のヤ〜さん」が座ってきた。
大きく股を広げて二人分の席を平気で占領していた。

私が今住んでいる町は「歩きタバコ率」も多く、そんな人種も多いが。

面白かったのは下車する時のことであった。
どうやら私と同じ「鳴尾駅」で降りたかったらしく、電車が到着する前からソワソワして、通学の女子高生を押し退けて扉の前に陣取った。
鳴尾駅の朝は武庫川女子の生徒が多く下車するので、いくら満員でも余裕で降りることが可能なのだが、「昭和のヤ〜さん」は無事に下車できるのか不安であったようだ。

朝から「ククク・・・」と一人笑いさせてもらった。
やはり任侠道と朝の通勤電車はミスマッチだ。
posted by hagiwarayoshiki at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

わてのオバサン

今日の帰路、阪神御影駅で改札口からホームまでエレベーターに乗った。
最近は仕事でよく歩くから、階段を使わずにエレベーターを利用することが多くなった。
エレベーターがホーム階に到着して扉が開いたとたんに電車は行ってしまった。
その時、同じエレベーターに乗っていた見知らぬオバサンが私の顔を見て、「一秒遅れたなぁ」と。
エレベーターから電車までは5メートル程ある。
「一秒じゃ無理やろ」
そう思ったが笑けてしまった。
「階段を全力疾走したら間に合っていましたね」
私がそう返すと、「そんなんできる位やったらエレベーターに乗るかいな」と。
そりゃ、そうだ。ごもっとも。

先日、台風襲来の後だった。
JR立花駅のエレベーターに乗った時のこと。
「大丈夫やった?」
一緒にエレベーターに乗っていたオバサンが馴れ馴れしく語りかけてきた。
一瞬知り合いの方かと思いきや、見たこともないお方。
「うちは水道はとまるし、電気もアカンようになって、さっぱりわややったわ。おたくはどないやったの?」
突然そんな言葉をかけられて躊躇したが、「うちも散々でしたわ」と返した。
本当は台風の影響なんか、まるでなかったのだが、笑顔で語りかけてこられたオバサンに合わせて嘘をついた。

大阪のオバサンも面白いが、神戸下町のオバサンも負けてはいない。

posted by hagiwarayoshiki at 01:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする