2017年08月26日

ひょうきんニュース

お盆も終わり、夏休みも終盤を迎えて東六甲展望台は、また誰も来ない閑散とした場所になってしまった。
暇になると自分の人生を走馬燈のごとく思い返してしまう。

「ひょうきん族」のスタッフだった頃、私は「ひょうきんニュース」という短いウソニュースを担当していた。
その頃原稿にしたネタをふと思い出した。

まずは「ウォークマンに映像付きのモノが発売された」というニュース。
その後「ビデオウォークマン」なるモノが発売されたが、その以前のこと。
夢中になって路上を歩く人が、どんどん交通事故にあうという結末。

今から30年も昔のバラエティ番組のネタだが、これが今や「歩きスマホ」となって現実に社会問題になっている。

それから「喫煙家が集う場所の誕生」というニュース。
銀座のど真ん中に、アクリルで囲われたボックスができ、その中に愛煙家が集まってタバコを吸っているという映像。
まさしくこれは今の喫煙ブースであり、まさかこんなことが現実になるとは30年前には予想もしてなかった。

私は予言者か?

そういえば幼稚園か小学1年の時、こんな絵を描いて皆から顰蹙を受けたことがあった。
その絵というのは、ビルとビルの屋上をつなぐ通路を描いたもの。
昭和30年代前半、戦後の復興からまだビルらしきものも少なく、私の絵は嘲笑いとなった。
何故そんな絵を描いたのか、今でも不思議だが、「何百年か先にはこうなる!」と私は堂々と言ったことだけ覚えている。
今となってはごく普通の風景なのだが。

子供の頃、何を思ったのか自分の未来の「予言イラスト」を描いたことがあった。
大学を中退して芸能界に入るも売れず、町の商売人となり、その後地元で劇団を結成したところ全国的な人気となる。

このメモのような未来イラストを、当時父親に見つかりこっぴどく叱られた思い出がある。
「オマエ、大学に入って中退するのか!」と。

何故そんなことを書いたのか不思議に思うが、殆どその時描いたまま生きて来た自分が不思議でならない。

そのメモには、ラストにこう記している。
60歳を過ぎて死す・・・と。

残念ながら65歳になってしまった。
本当の余生か?・・・



posted by hagiwarayoshiki at 01:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする