2017年06月02日

たかがコーヒー、されどコーヒー

MIOROSはカフェであるからして、オープン当時はコーヒーが主力だと思っていた。
がドッコイ。ふたを開ければ「チャイ」が人気となり、「カレーうどん」「わらび餅」も売れ筋となった。

東六甲展望台は昔から有名なデートスポットであり、若いカップルは勿論多い。
でも彼等は缶コーヒーを好む。
その理由は様々だと思う。
まず安いこと。(東六甲展望台の自販機は決して安くはないのだが)
それと、わずらわしくないこと。
今の若者は、店に入って注文することすら、わずらわしいらしい。

結果、MIOROSの店内でティータイムをすごされるのは高齢者の方が圧倒的に多い。

開業する時、ネスレさんにまず相談してみた。
「今やコーヒー文化も変わりましてね。スタバが我々にとって脅威かと思っていたら、今度はコンビニコーヒーの時代ですよ」と。
確かに時代は変わりつつある。

「姉ちゃん、お茶でもどう?」
昔の定番だったガールハントのセリフである。
喫茶店に入ってコーヒーを飲むというよりも、会話を大切にした時代の話。
コーヒーを飲むイコール、会話を楽しむ場であった。

こんなことを考えると、「ゆとりのない、味気ない時代」になってしまったものだと感じる。

でも時代はどんどん変化するのは当たり前。
そうそう。缶コーヒーの原点は「甘すぎた」ことをご存じでしょうか?
今では「無糖」「微糖」は当然ですが、その昔缶コーヒーが世に出た頃は「甘〜いのが缶コーヒー」だったのです。
その理由を教えましょうか。
長くなるので、また次の機会に。
私がジャマイカのブルーマウンテンコーヒー農園の取材に行った時のお話です。
posted by hagiwarayoshiki at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする