2017年03月26日

ホームスチール

選抜高校野球が面白いことになっている様子。
一日に二試合もが延長再試合になるなんて。
それも、その一つは9回裏にホームスチールで同点になったと知って驚いた。
二塁走者が大きくリードを取り、けん制の隙にホームスチールしたというから凄い。
リアルタイムで観たかったが、その頃六甲山で僅かなお客様相手にコーヒーを出していたのだから仕方がない。

ホームスチールといえば、私も一度だけやった経験がある。
といっても私は野球部に所属してなかったので、中学3年の時の「球技大会」での話。
私のクラスは決勝まで進み、この一点が入れば勝利をつかむ場面だった。
私は三塁ベース上にいた。
場面は、一塁三塁。
私はダブルスチールをすれば決勝点が入ると思い、一塁ランナーに向かって「走れ!」とそれなりのサインを送った。
勿論サインなんて決めていないから、ゼスチャーだが。
一塁ランナーのクラスメイトは意味がわからなかったようでキョトンとしていた。
何度もゼスチャーを送ったが伝わっていないようなので、しまいには「走れ!」と大声を出してしまった。

相手チームの投手が球を投げた瞬間、一塁にいたクラスメイトは走った。
相手チームの捕手はボールを受け取るや二塁に送球する。
それを見た私はホームに向かって走った。

結果・・・。
私は本塁でタッチアウトとなってしまった。
「何故?」
絶対にホームスチールは成功すると確信していたのに・・・。

試合を観ていたクラスメイトから、その時の状況を聞かせてもらうと。
相手の捕手が二塁に送球したとたんに、ショートがピッチャーのすぐ後ろまで来て、ショートカットして本塁に送球。
その結果、私はタッチアウトになったらしい。
クラスメイトは相手のショート選手の素早さをほめていたが、私は情けなかった。
ダブルスチールを、こともあろうに大声で叫んでしまったのだから。

思えば、あの時以来「滑り込み」なんてやってないなぁ。
足からの滑り込みだった。

でも、「滑り込み原稿」は頻繁にやっていた。
締め切りぎりぎりに依頼された原稿を送る。
こちらの方は、全てがセーフだった。


posted by hagiwarayoshiki at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする