2017年01月28日

あのメキシカンは今

もう随分と昔の話になるが、ロスでロケを行った時、偶然町で知り合ったメキシカンと仲良くなった。
彼は超陽気な男で擬音物まねを得意として、ロケの間ずっと私たちを笑わせ和ませてくれた。

その頃のロスの町を歩いて驚いたのは人種差別が酷かったこと。
メキシカンはメキシカン街に封じ込まれていた。
そんな中でも陽気であった彼に敬服したものだった。

今あの国は大変なことになっている様子。
ニュースを見て、ふと彼のことを思い出してしまった。

米国という国は、そもそも大陸発見で「ここに大きな空き地があるのを見つけたぞ」とばかりに欧州各国が空き地同然の場所に勝手に乗り込んで住みついてできた国。
ならば、その後誰が勝手に入り込んでも「目くそ鼻くそ」だと思うが。

まぁ日本も「如何に税金を私利私欲に使うか」と行政のお偉いさんの頭はいっぱい。
これは少しは違うが、悪の意味では「目くそ鼻くそ」である。

人間は他の生物を餌食にしてここまで来てしまった。
「人道主義」という言葉があるが、人種差別やら貧民を食い物にする時代になってしまった。
「悲しみを分け合う」なんて奴は殆どいなくなった・・・というかそうさせられてしまうように誘導されている。

恐ろしい・・・。


posted by hagiwarayoshiki at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする