2017年01月18日

MIOROSからのお知らせです

MIOROSは明後日20日(金)と23日(月)、臨時休業させていただきます。
また、明日の営業時間も午後3時までとなります。
勝手な都合で申し訳ございません。

毎年この時期は、本業の仕事が忙しくなるのでご迷惑をおかけ致します。
posted by hagiwarayoshiki at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腐りきった広告業界

電通の過剰請求のニュースを見て「ああ、やっぱり」と思った。
広告業界ではどこもノルマがきつくて、売上のために随分と無茶なことをするのが常となっているようだ。

私、実はほんの僅かながら地方では最大手の広告代理店に勤務していたことがありました。
その会社を辞めた理由がこんなことです。

入社して間もないのに、いきなり新聞広告の大きなスペースをノルマとして与えられました。
それも三日前に。
まだ得意先すら与えられていない私にとってはガムシャラに飛び込み営業するしかありません。
泣く泣く知り合いの社長に頼み込んだりして、何とか半分ほどの紙面広告は埋まったものの、まだまだ足りません。
そして締め切りの夜のことです。
「萩原!どうするのや!足りん分は」
そう責められても力の限りつくして、なすすべもありません。

その時、上司がこんなことを言ったの」です。
「オマエの友達で商売やってる家の息子がおるやろ。そこを広告に出せ」
私は、ツテというツテを全て回ったことを話すと、
「他にもあるやろうが」
「あるにはありますけど、もうこんな時間ですし」
「わかった。そしたらその会社か店を教えるろ」
「で、どうするのですか?」
「もう締め切りや。勝手に広告を出して、明日の朝オマエは謝りに行って来い」
「ハァ?」
私は目が点になった。
つまり、断りもなく勝手に新聞広告を出した後に「ごめんなさい。勝手に広告を出しましたが広告代金を支払ってもらえるでしょうか」と行かされるらしい。
それで相手が広告代金を支払わなかった場合は、私の給料から引かれる仕込みになっているとか。

結局その広告代理店をすぐ辞めることにした。
当然の話だ。

昨年の春までお世話になったラジオ番組「VIVA!ココロ塾」のスポンサーであり、毎週私とスタジオでおしゃべりさせて貰っていた安田金属工業の会長は、こんなことをよく述べられていた。
「弊社にはノルマなんてありません。会社組織もピラミッド型ではなく、マル。みんなが互いに協力しあって本気でお客様が良くなることだけを考える。結果としてお客様に喜んでもらえて業績もアップするのですよ」と。

現実離れした超理想の会社が存在しているし、現実に業績を上げている。
なのに、殆どの企業は得意先を如何にだますかという哀れな現状のようである。


posted by hagiwarayoshiki at 02:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

雪合戦

今朝起きると庭に雪がつもっていた。
でも青空。
昨日の反省もこめて六甲山まで向かうことにした。
坂道を上るに従い、どんどん降る雪の量は多くなってくる。
「やっぱり今日MIOROSを営業するのは無理というか、まったくお客様もないかも」
そう思って車をUターンさせようと思ったが、何しろUターンできる場所もあまりなし。
勢いで店まで行ってしまった。

東六甲展望台に到着した。
路面が真っ白なのに驚いた。
こんなのはMIOROS初めて以来のことである。
車がスリップしないように停車させる。
驚いたことに普段の日曜のように多くの車がとまっていた。

開店準備をしながら展望台を訪れた人たちを見ると、殆どが小さなお子様連れのファミリー。
みんな楽しそうに「雪だるま」を作ったり、親子で「雪合戦」を楽しんでおられた。

開店準備を終えると、次々と雪合戦家族が入ってこられた。
「こんな天気の中をようこそ!」
そう私がお迎えすると、
「こんな天気だからこそ、ここにやって来たのですよ」と。
なるほど。雪に飽き飽きした大人に比べて、子供達は雪大好きなのだ!

今日は「鍋焼きうどん」がよく売れた。当然だろう。
雪合戦を終えたファミリーが仲良く「フーフー」いいながら鍋焼きうどんを召し上がっておられた。

午後になって、常連のお客様で近くの「奥池」にお住まいの白人の方が来られた。
この方は年中アイスクリームを召し上がる方。
「ヤァ!、バニラチョコ!」
と、親指を立て雪の中でソフトアイスを美味しそうに召し上がっていた。
白人は寒さに強い。
posted by hagiwarayoshiki at 01:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする