2016年12月14日

下品な国ニッポン

今年の一文字が「金」には驚いた。
金メダルの金らしいが、金そのもののような気がする。

今、この国は強烈な格差社会となっている様子。
東六甲展望台に来る車も、高級外車と軽自動車にハッキリ分裂しているのがわかる。
いわゆる日本の代名詞であった中間層の人たちが消えようとしている訳である。

お隣さん中国のことを小ばかにしているようだが、目くそ鼻くそだと思ってしまう。

元来農耕民族であったこの国の人たちは、権力によって騙されて来た歴史がある。

せめて「笑い」や「歌」などの流行に関しては汚されたくはなかった。
が、汚されてしまった。
例えば「ピコ太郎」は明らかに大きな権力によって作られた人気。

金の力で、元来自由に楽しめる娯楽をもコントロールされてしまう恐ろしい時代になった。

「超高速!参勤交代」という小説が映画化され、「リターンズ」にもなった。
この小説こそ現代社会を描いているように思えて面白かった。
posted by hagiwarayoshiki at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする