2016年09月05日

水売り

水を買う時代になった。
美味しい水が売られているので当然のことだが。

いつの時代から、水を買うようになったのか。
それは江戸時代に遡る。
大坂(大阪)では江戸時代にすでに「水売り」がいたようだ。
元々大阪平野は湿地帯というか海であって、井戸を掘ると塩水がわいてきて飲めなかったらしい。
井戸水がの飲めたのは上町台地から天王寺にかけての一部だけ。
淀川の水を天秤棒で売っていた「水売り」がいたらしい。

何故こんな話をするのかというと、今日来られたお客様とのこと。

店内で昼食を召し上がられていて、お水が減ったのでお水のサービスをすると、「ありがとう!嬉しい!」と。
何故そんなに喜ばれるのか、お話を聞けばこんなことであった。
以前にこの店(MIOROSの前に営業していた店)でお食事をした時、「お水をもらえますか?」と言ったところ、
「100円いただきます」と言われたそうな。
そのお客様、「カフェで金出してまで水いらんわい!」と怒って帰られたそうである。

MIOROSのお水は買ってきたミネラルウォーターをお出ししているが、原価がかかっていようがお水はサービスでしかない。
前のお店も原価がかかったので料金を取っていたようだが、呆れる。

そんな店のあとにMIOROSは営業しているのだから、当然過去のマイナス要素まで引き継いでいる。
「ありがとう!美味しかったよ!また来ますね」
そう言ってくださってベンツに乗り込まれて東六甲展望台をあとにされた。

同じ場所で店を引き継ぐのは厄介なことであるが、新たに喜んでいただけるいただけるお客様ができるのは有り難い!

posted by hagiwarayoshiki at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする