2016年09月30日

「わ」ナンバーの中国人観光客

つい先日まで東六甲展望台に連日のように訪れて来た「わ」ナンバーの中国人観光客がパッタリ来なくなった。
「わ」ナンバーであるからして勿論レンタカー。
中国人観光客がレンタカーを借りている訳だが。

今年の2月、春節祭の頃から急にこの「わ」ナンバーの中国人観光客が増えた。
でも中国の観光客は日本でレンタカーを借りることはできない。
国際免許の何とかという団体に中国だけ入ってないからである。
だから日本人も中国ではレンタカーを借りることはできない。

そんな訳で、東六甲展望台にやってくる「わ」ナンバーの中国人観光客は台湾の人達だと勝手に思っていた。
が、違っていたようである。
中国本土からフェリーで神戸港に着いた中国人観光客に、業者が違法でレンタカーを借りていたということを知った。
誰かの免許証を使ってレンタカーを借りていたようだ。
これは無免許運転に等しいので当然日本の警察も乗り出したらしい。

その取り締まりが厳しくなったのか、プッツリと東六甲展望台に「わ」ナンバーの中国人観光客は来なくなってしまった。
違法だから取り締まるのは当然の話だが、「仲良くしようよ!皆、楽しみたいだけなのだから」と思ってしまう。

日本語が通じず、片言の英語でやりとりしていた頃が懐かしくなった。
posted by hagiwarayoshiki at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

行ってらっしゃい。ハチクマさん

このところ東六甲展望台には連日のようにカメラを構えた人が空を見上げている。
今日、店にも来ていただいたので、何を狙っているのかお聞きしたら「ハチクマです」と。

「ハチクマ」とは鷹であり、夏に信州辺りで卵を生み、幼鳥の子供を連れて遥か南のフィリピンや大陸までこの季節に移動する渡り鳥の一種らしい。
「ハチクマ」とは、その名の通り、スズメバチの巣を襲って餌にしている。
熊よりも凄いらしい。

今日の昼過ぎ、何百羽という「ハチクマ」が南の空へと向かっているのが見えた。
バードウォッチングに詳しいお客様によると、「こんなに近くでハチクマを眺められるポイントは凄い!」と。
高槻や箕面には、連日バードウォッチングの人達が連日集まっているようだが、東六甲展望台こそ最高のポイントだと。
なにしろ標高645メートルなので、渡り鳥の飛ぶ姿が肉眼でもハッキリと見える。
「もったいないですね。これだけの絶好ポイントなのに何故PRしないのですか?」とお叱りを受けてしまった。

「ハチクマ」が次々と飛来して行く。
群れから外れる奴もいた。
「こいつはおそらく体力の限界で、太平洋に落下して死んでしまうのかなぁ」
そう思ったら切なくなってきた。

彼らの飛び方を見ていると、上昇気流に乗れた場合は羽を止めてスイスイと。
でも「アワワ」とばかりに上昇気流に乗れなくなったら羽ばたくしかない。
そこでかなりの体力を消耗するのだろう。

渡り鳥は決して自力だけでは無理なことを知っている。
自然の力を上手に利用して生きている。
ガムシャラに自力で生きようとしても、海にやがて落下して魚の餌食になるだけである。
「ハチクマ」に生き方を教わったような気がした。
ハチクマ.jpg
posted by hagiwarayoshiki at 01:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

有難う!バーディーさん

芦有ドライブウェイは今月の21日〜30日まで「道路開通55周年記念」を行っている。
「MIOROSさんも、エンターテインメントカフェなのだから何かイベントをやって協力してくださいよ」
そう頼まれて仕方なく「スプーン曲げ日本一」のバーディーさんに今日来ていただいた。
正式にギャラをお支払いすれば、当然今日一日の売り上げなんかでは足りない。
でも私とのお友達関係で気安く来てくださった。
有り難い!

今日は近頃には珍しく展望台を訪れる車も多く、バーディーさんの超能力を見て皆さん「ええっ?!」と驚かれていた。
何しろ目の前でスプーンを手も触れずに曲げてしまう。
凄い!
それを見たお客様は皆圧巻の様子だった。

スプーン曲げ体験をしたお子様が、嬉しそうに曲げたスプーンでカレーを召し上がっていた。
(勿論、そのスプーンはお土産に)

有難う!バーディーさん。

行楽地というのは、基本的にこのような楽しいイベントが不可欠なのですよね。





posted by hagiwarayoshiki at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする