2016年04月10日

桜はまだ咲いていますか?

今日、店の電話が鳴り、お客様が「芦有ドライブウェイの桜はまだ咲いていますか?」と。
「ハイ、まだ散っていませんよ」とお応えすると、
「では明日行きます。お店は開いていますよね」
「本来なら定休日ですが、明日は営業しております」とお応えした。

(実は明日は定休日を返上して営業して、明後日の火曜日は本業の仕事の都合で臨時休業させていただきます)

芦有ドライブウェイの桜トンネルは見事である。
でも、車でしか通行できないので、あっという間に通りすぎてしまう。
花見とは、ゆっくりと見物したいものであるからして、芦有ドライブウェイの桜さん達が如何に見事に咲き誇っていようが、通りすぎてしまう存在なのかも知れない。

東六甲展望台にも、芦有ドライブウェイの桜見物に来られた方々が立ち寄ってくださると勝手に思っていたが、そんな理由で立ち寄る人も少なかった。

MIOROSは行楽地にある。
ゆえに楽しみに来られた方々に囲まれて料理や飲み物をお出ししている時が楽しい。
ハッピー気分をお裾分けして頂けるようなので・・・。

己の計算違いでアンハッピーな気分になってしまう。
それに加えて、己の身辺で様々な動きがあり、アンハッピー多忙中になってしまった。

でも、こんな時に忘れてはいけないのが笑顔である。
多くの悩みを抱えている時こそ「笑える人間」でありたいと常に思う。

安田会長なら、そう進言していただけるであろうなぁ。

posted by hagiwarayoshiki at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

接客業は厳しい

接客業は厳しいと、最近益々思う。
今の時代、マニュアル化されたロボットのような店員が棒読みを続けるのが当たり前になった。
MIOROSを始める時、如何に一見のお客様が多い環境とはいえど、極力お客様に喜んでいただき、「また来よう」という気持ちになっていただけるように努力を続けて来たつもりである。

今日、また常連のお客様が、わざわざ手土産まで持って店に来られた。
嬉しくて、当然ながら会話も弾む・・・つもりであった。
が、そんな会話の最中に、笑顔だったお客様が真顔になられた瞬間があった。
ヒヤリとする。
「何か、まずい言葉でも発したのだろうか」
そんなことはない筈だ。
でも、笑顔のお客様の顔を例え一瞬でも真顔にさせてしまったのは事実である。

この時点で、接客業失格は明らかだ。
おおいに反省するしかない。

やはりどこか甘い点がある。
本当にお客様を大切にしているのか・・・。
反省しながら、今夜は寝よう。
posted by hagiwarayoshiki at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする