2016年03月25日

横泳ぎ

水泳にはクロールや平泳ぎ、バタフライや背泳があるが、横泳ぎなる泳法をご存知の方はかなりの年配だと思う。
実はこの「横泳ぎ」は太平洋戦争当時、国が国民に勧めた泳法であり、敵に攻められた時、速く泳ぐことよりもむしろ長く泳いだ方が命が助かるという点で、当時の学生は皆「横泳ぎ」を修練させられたらしい。

私の母は「横泳ぎ」が得意であった。
子供の頃、母に連れられてよく近くの海水浴場に行った。
母は得意の横泳ぎをしながら、私に背泳を教えてくれた。

私の家族は、父や姉もいるのに何故か母と二人で出かけることが多かったような気がする。
姫路駅から「鳥羽行き」という列車を見つけて、私が「鳥羽まで、あの列車で行ってみたい」と言うと、本当にふたり旅をしてくれた。

子供の頃、ピアノのレッスンが嫌で堪らなかった時、「今日ピアノに行ったら映画に連れて行ってあげる」と、ピアノの帰りに映画館へ行き、帰りにレストランで二人して夕飯を食べたこともあった。

私は、そんな母とよく似ている。
顔も性格も。
コメディアン時代、TV番組で女装させられ、どんどんメイクされて行く自分を見て我に返ったことがあった。
余りにも母にそっくりだったので。

そんな母が長寿の末、間もなくその人生の幕切れを迎えようとしている。
病室で眠っている母の顔を見ながら、走馬灯のように幼い頃からの想い出が過ってきた。

母は優しく常に私をかばい大切にしてくれた。
でも、私はそんな母に対して常に反発して来た親不孝者である。
自分の親不孝ぶりに涙するしかなかった。
posted by hagiwarayoshiki at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またもや凍結注意が

下界では桜の開花が告げられ、春到来。
MIOROSでも、そろそろ夏メニューを何か考えようと、色んなメーカーから食材を調達して夏メニューを研究しようと思っていた。

ところが・・・寒い!
今日は本当に寒かった。
夕方、気温は1度にまで下がり、「凍結注意」の看板がまた芦有ドライブウェイに出された。

この季節の移り変わりを経験していない私にとっては、冬用と夏用のメニューの準備をするしかない。
冷凍庫にはソフトアイスの在庫をワンサと揃え、鍋焼きうどんの材料も揃えておかねばならない。

食材はバカ程準備したが、寒さに加えて北風も今日はかなりきつかった。
東六甲展望台に訪れる車も少なかったが、常連のお客様が何組も来てくださり、私の心は温まった。

そうそう。昼過ぎに仲良しカップルが来られて、チャイを注文されたのだが、男性の方はチャイを飲んだことがない様子で、女性はチャイが好きなようだった。
「甘さは、いかがしましょうか?」
当店では、お客様の好みでチャイの甘さを調節している。
「甘い方が美味しいのですか?」
チャイ初体験の男性が聞いてきた。
「そうですね。インドの方は随分と甘くして飲まれるようですよ」
私の言葉に、
「ではインド人になったつもりで甘くしてください!」

好感の持てる青年だった。
だから美人の彼女もついて来るのであろう。

チャイ一つでコミュニケーションが生まれる。
やっぱりMIOROSは楽しい!

posted by hagiwarayoshiki at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする