2016年02月22日

飽きない商い

私は飽き性である。
一つのことに持続して行くことが出来ない実に移り気な人間だと思う。
B&Bを一年で辞め、東京ピン芸人として浮気したと思えば故郷に戻って商売を始めた。
そしてまた業界に戻るも、アナーキーな作品とベタな作品を恥ずかし目もなく乱雑に繰り出してきた。

MIOROSをオープンさせて、もうすぐ八ヶ月になる。
数々の新メニューを取り入れ、それなりに満足げであった。

今日は、チャイの注文と、ご当地ラーメンのイートインのお客様が多かった。

思えばMIOROSオープンの際、テレビや新聞の取材で「ユニークなお店」として取り上げていただいたのは、「こだわりのチャイ」と「ご当地ラーメン」であった。

オープン時の初心に思わず引きずり込まれた。
確かに今の時期は「カレーうどん」や「ぜんざい」がよく売れる。
でも、店の看板である「チャイ」と「ご当地ラーメン」はしっかりと店の売りとして誇って行かねばならないと改めて感じた。

私は移り気な人間だが、空も随分と移り気だ。
昨日は大雨で、今朝は晴れていると思いきや午後になって雪が舞った。

六甲山の上にいると、そんな空と勝負しているかのようだ。
気分屋の空に対して、こちらはしっかりと大地に根を下ろしてポリシーを貫かねばならない。

そう思いつつ、「また何か新しく面白いことをやってみよう」と考えてしまう・・・やはり移り気な男である。
「商いは、飽きないこと」
「店たるもの、街の時計のように間違いなくコツコツと同じことを連日刻み続けなければならない」
そう教わったが、所詮私は常にモノ作りをしていないと落ち着かない移り気野郎であるのかも。
posted by hagiwarayoshiki at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする