2016年01月15日

追悼。春団治師匠

春団治師匠がお亡くなりになりになったことを知った。

師匠とは一度だけ私のラジオ番組のゲストとしてお招きして、お話させてもらったことがあった。

「落語の世界は師匠と対面方式で噺を教えていただくそうですが、お父さんから落語を目の前で教えていただくのは、どういう心境でしたか?」
そんな質問をした。
春団治師匠のお父さんは二代目であり、親子関係であった二人が師弟となり、どう変化したかを聞いてみたかった訳である。

「私ね、生まれてからずっと見ていた父親が目の前で落語を演じている。それも私一人の為に。感慨深い思いでしたがね、その父の表情とかが面白すぎて思わず吹き出して笑ってしまったのですよ」
「そ、そんな。お父さん、いや師匠はさぞや怒られたでしょうに」
「いや、父も私の笑いにつられて笑い出しましてね。結局、稽古やめようかとね」

師匠と弟子であり父と子である、実にホンワカしたエピソードをひょうひょうとと語って下さった春団治師匠を大好きになってしまったものである。

                    ー合掌ー

posted by hagiwarayoshiki at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

有名なバイクレーサーが来店

芦有ドライブウェイは、車好きにとっては最高の場所らしい。
毎週日曜にはフェラーリやポルシェが展望台にズラリと並ぶし、平日にはバイク族のたまり場にもなる。

今日の昼過ぎ、何台かのバイクが止まり、ライダー達が店の中に。
その一人を見て驚いた。
鈴鹿八時間耐久レースで、この人あり!と伝説のSさんだった。

「Sさん!お久しぶりでーす!」
私の言葉に驚かれたSさん。
実は今や引退された著名な芸能人を通じての知り合いであり、久しぶりの対面だった。

「萩原さんが、ここを?」
勿論ビックリされたご様子。

当然、懐かしい話で花が咲いた。
「来年で70歳になるのやけど、もう一回バイクやってみようかと」

聞けば、2年前にもバイクで死にかけたことがあったらしい。
Sさんの骨は鎖骨を始め、ボロボロに傷ついた状態だと聞いている。
何度も死にかけても辞めない。
常に死との勝負で闘っている・・・それがSさんの生き様である。

「また近いうちに来るわ。あんたがここで店やってるとわかったから」
そう言葉を残して、Sさんはかっこ良くバイクにまたがって山を下りて行った。

MIOROSを始めて、色んな方と巡り会えることができたのは有り難い。
そして、こうして久しぶりの方とも再会の機会もできた。
明日もまたどんな人と巡り会えるのだろうか・・・。
バイクライダー.jpg




posted by hagiwarayoshiki at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

夫婦善哉

MIOROSで今一番の人気メニューは「ぜんざい」です。
今日、ぜんざいをご注文されたご夫婦がこんなことを。
「有馬温泉に行ってたので、◯◯ホテルでぜんざいを食べようかと思ったのだけれど、そこのホテルのぜんざいは白玉なので、やっぱりここのお餅が入ったぜんざいを食べたいので、わざわざ来たのですよ」と。

そのお客様は以前にもMIOROSでぜんざいを召し上がっていただき、気に入ってもらえたようです。
有り難い!

お餅の焼き具合は、ややこんがりとなるように気を使っているので、そんなお言葉を頂戴すると嬉しいに尽きます。
ぜんざい.jpg

さてさて明日は定休日。
いつもなら定休日はラジオ出演やらテレビの仕事があるのですが、明日に限っては何もナシ。
何ヶ月ぶりでしょうか・・・本当に休めるのは。
posted by hagiwarayoshiki at 01:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする