2015年12月29日

元旦早朝営業

2016年を迎える御来光営業をすることにしました。
時間は深夜2時〜8時までの予定。
毎年、東六甲展望台には御来光目当ての車がワンサと集まりパニック状態になることは聞いていましたが、正直どうしようかと迷っていました。

当日限定販売するのは「甘酒」
ノンアルコールの美味しい甘酒の手配が出来たので、私はメガフォン片手に呼び込みする予定。
甘酒2.jpg

posted by hagiwarayoshiki at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

幸せの黄色いハンカチ

MIOROSは、芦屋から有馬に向かう阪急バスに乗り、「展望台」というバスストップの前にあるカフェである。
昨日、その最終バスで一組のカップルが下車してきた。
平日は遅くまであるが土日は夕方5時が最終バスになってしまう。
有馬に向かうのも、芦屋に行くのも、全て夕方5時でバスの便は終わってしまう訳である。
「最終のバスで、この東六甲展望台までやってきて、これからどうするつもりなのだろうかなぁ」
少し心配して、そのカップルを見ていると、迷いもせずに店に入ってきて、チャイとコーヒーの注文を。

「次の芦屋方面に向かうバスは何時ですか?」
私の予感は的中した。
最終バスの時刻表も調べずに、ここに来てしまったのだ。

「もう最終便は行ってしまいましたよ」
私のその言葉に、二人は固まってしまった。
「タクシーを呼ぶしかないですよ。でも来てもらえるかどうか。電話番号はお教えしますけど」
追い打ちをかけるような私のセリフに、益々不安な表情のお二人。
芦屋のタクシーは、悪天候の時や忙しい時期には東六甲展望台と言うと断れるのは事実である。

お話を聞けば、そのカップルは九州からの旅行中で、神戸に宿泊されてブラリとバスに乗ってここまで来てしまったとか。
気の毒になった。

「今丁度店を閉めようと思っていたところなので、私は自分の車で芦屋まで戻りますから、よろしかったらどぞ」
二人の顔が明るくなった。
「有難うございます!」
本当は閉店時間まで、まだ時間はあったのだが私はこのカップルの為に即座に閉店することにした。

「有難うございます!」
下山する車中で後部座席から何度も声を聞きながら、和んだ会話は楽しかった。
お二人は、同じ九州といえども遠距離恋愛だと知った。

阪急芦屋川駅前でお二人を下ろした時、このお二人が将来結婚して幸せな生活をすごされることを何故か願ってしまった。
そんな気にさせるほど純朴で好感の持てるカップルだったもので・・・。

思わず、名作「幸せの黄色いハンカチ」を思い出してしまった。


posted by hagiwarayoshiki at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

めまぐるしい

今日は関西テレビで正月特番の収録があったので、MIOROSは2時に閉店。
お食事の後、ティータイムを過ごしておられたお客様には申し訳なかったが、お引き取りねがった。
店の片付けをしていると、またお客様が。
チャイをテイクアウトにしてもらい、急いで帰宅して関西テレビに向かった。

正月特番という奴は、実に関わる人が多い。
出演者の数もそうだが、スタッフの数もお祭り騒ぎのよう。
久しぶりにお会いするスタッフに挨拶をする。
局の人、メイクさん、スタイリストさん等など。

六甲山の上で日頃ささやかに営業していた日常とは全く違う。
MIOROSも紅葉の季節までは活気に溢れていたが、流石にこの時期は閑散としていた日々が続いていた。
山の上から大阪の街を見下ろすと「何とちっぽけな中で皆暮らしているのだろうか」と感じていたが、いざ現場に入ると実にめまぐるしいに尽きる。
「こんな環境で以前は日々を送っていたのか」と思うと、不思議な気分になった。

とにかく疲れた。
posted by hagiwarayoshiki at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする