2015年09月30日

関東煮とおでん

関東煮という食文化が消えつつある。
全ておでんに統一されてしまったようだ。

私の生家近くに関東煮の小さな店があった。
子供達は僅かのお小遣いを手に関東煮を一つだけおやつに買っていたものだった。
私はいつもこんにゃく。
関東煮のこんにゃくは味が染みていて美味だった記憶がある。
それをお店の人が生姜醤油につけてくれた味が堪らなかった。
思えば、何と濃いこんにゃくおでんを子供の頃に食べていたものだ。

「姫路おでん」が最近B級グルメとして話題になっているが、姫路では「おでん」ではなく「関東煮」である。
正しくは「姫路風関東煮」だ。

実はMIOROSの秋冬メニューとして「おでん」を出そうかと考えている。
食品メーカーからサンプルをもらって今日自分で試食してみた。
が、何か物足りない。
生姜醤油につけてみた。
美味かった。

私の「おでん」に関する味覚は明らかに偏っていると思う。
自分好みの「姫路おでん」をお出しするか、オーソドックスな「おでん」にするのか。
今、大変迷っております。
posted by hagiwarayoshiki at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする