2015年09月21日

予想外のお客様

今日はシルバーウィーク三日目。
朝から東六甲展望台には多くの車が停まり、店もフル回転の忙しさ。
コンロや湯煎器は休む暇もなく、ソフトアイスも夏以上の売れ行き。
7月にオープンしてから一番忙しい一日となった。

ちょっと一息つけそうなお昼前のひととき、珍しいお客様がいらした。
飲み物を注文された後、「萩原さんですよね」と。
お顔を拝見したところ、以前お目にかかった記憶はない。
それもその筈、お話を聞けば私が以前住んでいたマンションの部屋に今お住まいのご夫婦だとか。

「山茶花、今も綺麗に咲いていますよ」
中庭や裏庭の木の話をお聞きして、懐かしくも嬉しかった。
新聞記事をご覧になって、以前の居住人であった私が六甲山で店を始めたことを知り、わざわざ訪ねてくださったらしい。
思えば自分の住んでいた場所の後先に暮らしている方にお目にかかれるなんて、本当に珍しいことである。

MIOROSを始めて、様々な方にめぐり逢い、沢山の人間模様を垣間見ることができた。
賑やかな大家族、幸せそうな老夫婦、貧困そうなカップル(失礼)、愛情たっぷりのヤンキーファミリー、独りぼっちのライダー・・・たった一回の出逢いだが、私は皆さんを即座に大好きになってしまった。

MIOROSのお客様は皆さん本当に品が良いので驚いている。
揉め事なんか店内であったことなど勿論ない。
でも、昨日姉妹ゲンカがあったようで(どちらも小学低学年の姉妹だが)
妹さんがアイスを店の表で涙しながら食べている姿を見てしまった。
勿論ケンカの原因も理解できないし、どうしたら仲直りさせられるのか困った。
チョコレートをあげることにした。
ケンカしていた幼い姉妹に笑顔が戻った。

明日はどんな人達が訪れて、人間模様を見せて頂けるのだろうか・・・。

posted by hagiwarayoshiki at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする