2015年09月11日

想い出の場所

今日は久しぶりの好天気。
お昼時も多くのお客様が来られて、一人っきりの厨房も活気が蘇った。
「このエビピラフ、塩加減といい美味しいです」
そんなお誉めの言葉をいただくと肉体も躍る。

お昼すぎ、一息ついていると熟年夫婦の方が来られた。
お話していると、東六甲展望台はお二人にとって想い出のデートスポットだったとか。
ひょっとしてプロポーズの場所であったのかもと思ったが、失礼なので聞けなかったが、そうなのかも知れない。

お二人は笑顔を絶えさず「幸せのココア」を美味しそうに飲まれていた。
posted by hagiwarayoshiki at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信用できないお天気予報クンだけれど

ここのところ長引く秋雨前線。それに昨日の台風。
御天道様の姿をかなり長く拝見していない。
こんなに悪天候が続くとテンションもさすがに下がる。
展望台に誰も来なくなるからだ。

でも、今朝の天気予報は「曇のち晴れ」
降水確率も低く、久々に展望台は人で溢れるイメージで六甲山へと向かった。
ところが、その向かう道中で大雨が降り始めた。
「話が違うじゃないか、天気予報さんよ!」

店を開けても大雨は続き、やみそうにない。
「この嘘つき野郎が!」
天気予報を呪った。
友達だったら「この嘘つき」と、縁を切るところだが、仕方ない。
この私に観天望気できる力もないし、奴の情報を今後も頼りにしなければならない。

夕方、奴の情報が当たり、大阪平野の眺望が見事に広がった。
イライラしていた私の気持ちがすっ飛んだ。

思えば天気予報は人がやっていること。
この六甲山は神が宿る場所である。
そのような聖地のお天気を予想しようとしても所詮力不足で無駄なのだ。

posted by hagiwarayoshiki at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする