2018年02月16日

雪解け

昨日今日の暖かさで、東六甲展望台に残っていた雪もようやく解けてきた。
今年の冬は厳しかった。
まぁ世界的な寒さなので仕方ないが。

雪が解けたので、少しはと思いきや東六甲展望台に来る人は殆どいない。
昨年、一昨年に比べるとかなり厳しい。
MIOROSに来られるお客様といえば、常連のお客様と、訳がわからずに来られた中国人観光客ばかり。

連日のように中国人観光客の方が来られるが、今日来られた方はいつもの中国人観光客の人とは違って、随分と礼儀正しいファミリーだった。
お帰りに一言。
「カムサミダ」と。
韓国のファミリーだった。

posted by hagiwarayoshiki at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

季節外れの虫

三連休は終わった。
初日は雨が降り、濃霧というか雲の中にいるような状態で、視界は10メートル程。
道になれている私は、前方は見えなくとも感で運転できるが、見知らぬドライバーさんは大変だったと思う。

昨日と今日は極寒でずっとマイナス気温。
まるで冷蔵庫の中にいるような状態。
今日は雪がまた舞っていた。

散々な三連休となったが、福井の方を思うと気の毒になる。
ネットニュースで知ったが、除雪作業の方が過労で亡くなったとか。
私と同じ年であった。
「何とかしなければ」という責任感が結果として死に至ったらしい。

今のこの国に、このような人が沢山いれば幸せな国になるのだろうにと思う。
私利私欲に走り続けている。トップが一番ひどいのだから国民もそうなって当然である。

三連休を控えて食品の在庫も充実させたのに、東六甲展望台に来る人は勿論いない。
誰も来ないのか・・・そう思っていたら、厨房の隅に一匹の虫を発見。
この寒い中、よく虫が生きていたものである。
余りにも寒いので、隙をみて店内に侵入したのだろう。
しかし、感心している場合ではない。
飲食店なので外に追いやった。

その後に思った。
寒い時期にも関わらず生きてきた一つ生命を奪ってしまったのかと。

山中に一人いると、人間よりも虫などと関わりになってしまう。

一昨日、雨にうたれながらも飛べないでいる鳥がずっといるのが気になった。

飛べない鳥。
必死で生き伸びる虫。
みんな空と闘っている。

この極寒にふと思った次第です。

posted by hagiwarayoshiki at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

ヤマトヤシキ

ヤマトヤシキとは、姫路に古くからある百貨店。
老舗の二階町商店街と、姫路のメイン通りの御幸通りに囲まれた、いわば姫路の中心に位置した百貨店である。
そのヤマトヤシキが今月末でなくなるらしい。

子供の頃、ヤマトヤシキの大食堂でオムライスを食べさせてもらうのが何よりの楽しみだった。
20代の頃、婦人服の店を経営していた私は、繁華街から離れた10坪の店で飽き足らず、ヤマトヤシキさんに交渉して百坪の大型店を出店しようとした。勿論、借金を抱えて。
そのプランを二階町商店街でレストランを営む先輩に話をしたところ、「そんな無茶なことしたら、家族揃って首括らなあかんようになるで」と止められ、結局断念した。
結果、私は店をたたんで東京に行き、放送作家になったのだが。

あれは5年程前のことだったと思うが、母校の高校が「百年祭」として、そのヤマトヤシキの催事場で様々な展示物や記念写真を公開することになり、私の台本を展示したいという依頼の電話があった。
「ひょうきん族」の台本などを送って協力させてもらい、母と一緒に行ってみた。
私の母は、同じ高校の先輩というか、戦前の女学校時代の卒業生である。
車椅子の母を押しながら催事場をまわる。
戦争当時、なぎなた訓練をしていた女学校の生徒の写真が痛々しい。
母は私の台本を手に取って、何度も見ていた。
「こんなもん見たことないからな。これ全部芳樹が書いたんか?」
思えば、親不孝者で反対を押し切り芸能界入りをして、放送作家になったことも随分後から伝えていたので。

でも、何故百貨店の催事場で高校の展示物を披露するイベントをするのか・・・。
不思議に思った。
帰りに先輩のレストランに立ち寄ると、「今や姫路の町は変わった。駅裏がメインとなり、二階町商店街もガラガラ。ヤマトヤシキも集客ができないので、こんなイベントをやったのだろう」と。
成程。「百年祭」というからには地元に卒業生も多い。
なので、そんな卒業生に足を運んでもらう為だったのかと納得した。

確かに建物の老朽化はかなりであった。
「危ない時は、やがてやって来る」そう思っていたが・・・予想通り。残念。

そうそう。高校3年の夏休み期間、ヤマトヤシキで一ヶ月ディスクジョッキーを当時ナショナルスポンサーのスぺースでやらせてもらったこともあったっけなぁ。

思い出の多い場所が消えてしまう。
仕方ないか・・・時代は動いている訳だから。



posted by hagiwarayoshiki at 01:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする